ペントレ考察第3話|他の車両の乗客はどこで殺人犯の目的は?伏線、疑問シーンまとめ

ペンディングトレイン 第3話

2023年5月5日(金)ドラマ「ペンディングトレインー8時23分、明日 君と」の第3話が放送されました。

ペンディングトレイン 第3話

第3話では、怪しい人影を見つけた田中弥一(杉本哲太)が萱島直哉(山田裕貴)の大事なハサミなどを持ち出すというシーンから始まり、田中さんは車両から離脱。

なんとか乗客全員で協力し、水と食料を確保したものの、相変わらずこの世界はどういった設定なのかなど、分からないことも多く、進展はないのかな…と思っていたら、畑野紗枝(上白石萌歌)がイヌホオズキを食べ倒れたり、加藤祥大(井之脇海)が刺されるという衝撃の展開に。

最後の数分で物語が大きく動いた第3話でした。

今回の第3話も気になる伏線や疑問シーンが色々あったので、まとめて考察してみました。

目次

ペントレ考察|第3話|もう一つの車両の乗客はどこで殺人犯の目的は?

ドラマ「ペンディングトレインー8時23分、明日 君と」で、車両ごと行方不明となり、30年後とされている世界にタイムスリップしてしまったのは、萱島直哉(山田裕貴)たちの乗っていた5号車と、6号車。

ペンディングトレイン 第3話

第3話では、5号車に68名、6号車に64名、計132名の乗客が行方不明になっていることが分かりました。

ペンディングトレイン 第3話

とはいえ、第1話でタイムスリップ前に消えた方や、崖などに落ちて死んでしまったと見られる方が複数人いるので、132名のうち、全員で何名が生きているのかというのは現時点では分かりません。

もう一つの車両6号車はどこにある?

自動販売機の補充のため飲料を運んでいた男性が「他にも人がいたんだ…!」と3日目に現れているので、そこまで遠くない場所に6号車もありそうです。

ペンディングトレイン 第1話

しかし、6号車では水が盗まれているということもあり、5号車のように協力的に過ごしているわけではなさそう…。

そういえば自動販売機の補充の男性は、どこに行ったんだろう…と思っていましたが、すっかり5号車の乗客と混ざって過ごしていますね。

ペンディングトレイン 第3話

6号車の人たちのところへ戻ろう…、探しに行こうという展開になっていないので、男性は車両の位置は覚えていないのか、6号車の雰囲気は5号車の人たちに比べ、あまり良くない…ということでしょうか。

ただでさえ水と食料の確保も難しいので、他の人たちを探しに行こうとはならないのかもしれませんね。

また、6号車には、北千住駅で男性を刺したという殺人犯も乗車していたことが分かりました。

ペンディングトレイン 第2話

第1話、第2話で映し出された新聞には、「北千住駅前男性胸刺され死亡」と書かれています。

20〜30代の金髪男刃物持ち逃走、交際女性も重症。
19日午後7時22分ごろ、東京都つくばエクスプレス北千住駅近くの路上で男性と女性が刺されたと110番がった。病院に搬送されたが、男性は死亡〜…

殺人犯がたとえ同乗したいたとしても、また人を殺すだろうか…、刃物を持ち歩いてはいないんじゃないかな…と思っていましたが、殺人犯は包丁を持っていて、加藤祥大(井之脇海)は出会っただけで刺されてしまいました。

ペンディングトレイン 第3話

この犯人、北千住で人を殺し、訳の分からない世界に飛ばされたことで、もっと見境なく人を殺している…?

6号車の乗客も殺されているのでは?と推測している方も多かったです。

しかも5号車付近に頻繁に出没している。というのも、かなり怖い展開…

ペンディングトレイン 第3話

加藤さんが刺されたのは、南の方に川があるかもしれないということで、探検に向かっていた時でした。

ペンディングトレイン 第3話

もしかすると、6号車の人たちや殺人犯と思われる男性は、川付近を拠点に暮らしているのかもしれませんね。

第4話で、6号車の人立ちと遭遇しましたね。

6号車の人たちについては、こちらから⇩

加藤祥大は助かる?助からない?

第3話の終盤、突如腹部を刺された加藤さん…

ペンディングトレイン 第3話

電波もない、水も食料も限られ、医療設備もなく、乗客の中に医師がいるようにも思えないこの状況下での多量出血に、加藤さんは死んでしまうのでは?と予想した方は多かったです。

植物の知識が豊富な彼のおかげで、食料を確保できたり、毒のある植物なんかも見極められるので、かなり貴重な存在…

そんな加藤祥大を失うのは大きな損失であると言えます。

ペンディングトレイン 第3話

第4話の予告あらすじでは、

加藤祥大の命を救うため、乗客の荷物から処置に使えそうなものを集める萱島直哉(山田裕貴)と畑野紗枝(上白石萌歌)。
医師志望の江口和真(日向亘)も加わり、乗客たちが一丸となって懸命な処置を行っていた。

と書かれていました。

乗客のみんなが泣いていたり、加藤さんの手が力なく落ちていくシーンもあり、第4話で死んでしまうような気がして怖いです…

どうか助かって欲しいですね…。

2023年5月12日追記

第4話で多くの人に死ぬかもしれないと思われていた加藤祥大(井之脇海)。

しかし、5号車の乗客が協力し、なんとか一命をとりとめました。加藤さんの復活には、多少ツッコミどころのある点もありますが…助かって良かったです。

殺人犯の目的は?

第3話では北千住で男性を刺した殺人犯が、乗客の中にいることが明かされました。

ペンディングトレイン 第3話

頻繁に5号車の人たちが生活する場に出没している殺人犯と思われる男性。

刃物を持ち歩き、出会った加藤さんを刺し、一体なにが目的で近くをうろついているのでしょうか。

ペンディングトレイン 第3話

やはり乗客が持っている持ち物や、5号車の人たちが得た水や食料を奪うのが目的のようにも見えますが、見境なしに人を刺していることもあり、ただ人を殺したい…という気持ちで狙っている可能性もありそうです。

殺人犯が、この世界でも人を殺している…?かと思っていたんですが、この刃物を持って逃げている男性の画像…よく見てみると、刃先に血がついていないんですよね…

状況的には、加藤さんはこの男性に刺されたような気がするんですが、刺された場面を誰も見ていない…

どういうことなのでしょうか…ちょっと気になりました。

また、5号車と6号車は、そう遠くない場所にありそう。

5号車の近くでは常に火を燃やしているので、煙が上がり、水の調達等で車両を離れても、みんな無事に戻ってくることができています。

6号車に乗っていて彷徨っている人が5号車にたどり着くのは容易にできそうですね。

ちなみに車両を出た田中さんは、この犯人を追い回しているような気がします。

ペンディングトレイン 第3話
ペンディングトレイン 第3話

個人的にはランボー化している田中弥一(杉本哲太)が活躍して、また5号車の人たちと暮らすことになるんじゃないかな?と思っています。

2023年5月12日追記

第4話で刃物を持って逃げていた金髪男性が6号車にいる人間ではないかという推測が生まれました。

個人的には6号車の方に5号車の情報を流しているのは、田中さん(杉本哲太)ではないかと思っています。

他にも第4話では新たな疑問も生まれ、伏線シーンもありました。

ペントレ考察第3話|伏線、疑問シーンまとめ

ペンディングトレインでは、結構重要な情報が載った画面が一瞬だけ映ったり、気になる謎や、伏線シーンがいっぱい…

第3話でも伏線シーンや謎シーンがあったので、まとめてみました。

スープにムクの実を入れたのは誰?

第3話では、植物の知識が豊富な加藤祥大を中心に食料を確保。

そんな中、ムクの実によく似た「イヌホオズキ」を食べたことで、畑野紗枝は倒れてしまいました。

その日の夕食のスープに入れたはずのない「実」が…

ペンディングトレイン 第3話

幸いソラニンという毒性を持った「イヌホオズキ」ではなく、ムクの実だったことで事なきを得ましたが、これを入れたのは一体誰だったのでしょうか…

可能性としては3つ考えられる気がします。

①入れたのは田中さんで、みんなの輪に入りたくてムクの実を入れた。
②入れたのは田中さんで、報復でイヌホオズキを入れる気だったが間違えた。
③入れたのは殺人犯らしき男性で、イヌホオズキを入れる気だったが間違えた。

どちらにしても、気づかれることなく田中さんや、面識のない殺人犯が鍋に入れたと考えると凄く怖いです。

実際それは難しそうな気もするので、もしかしたら、5号車の中の誰かが入れた可能性もありそうですね。

オーロラと緑に光る石の持つ意味は?

第2話の終盤と同様に、夜にはオーロラが出現するシーンが第3話にもありました。

ペンディングトレイン 第3話

オーロラの出現と同時に緑の石が光っていたことから、オーロラと石は連動しているようにも見えます。

ペンディングトレイン 第3話

ちなみにオーロラについては、未だに解明されていないことも多いですが、発生原理は、太陽風のプラズマが地球の磁力線に沿って高速で降下して地球の大気に含まれる酸素や窒素の原子を励起することによって発光すると考えられています。

また『光(可視光)以外にも各種電磁波や電流と磁場、熱などが放出される。』ということで、筆者としては、第1話でみんなが遺言を撮って送信していたメール等が届いたり、過去の日本と繋がる電波のようなものが発生しているのではないかと思っています。

オーロラと緑に光る石が、今後どのように関わってくるのか、気になりますね。

第4話予告映像の子どもは誰?

第3話の終了後、次回予告映像で子どもが映し出されていました。

ペンディングトレイン 第3話

なんとなく見た感じは、小学生高学年というところでしょうか…

おそらく6号車の乗客かと思われます。

あまり触れられてこなかった6号車の状況について、第4話では分かりそうな予感です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次